評判のいい医師に任せよう|女性の薄毛は改善できる

栄養不足で髪のトラブルに

困るメンズ

髪の毛を作る材料

髪の毛はほとんどがケラスチンというたんぱく質で構成されています。食事でたんぱく質を十分に摂らなければ、健康でツヤのある髪の毛は育ちませんし、ダメージに対する頭皮の修復力も衰えます。また、たんぱく質だけを摂れば良いということではなく、同時にビタミンやミネラルなどをバランス良く摂って初めて摂取したたんぱく質は髪の毛の材料になるたんぱく質に分解されます。肉や魚、大豆製品などのたんぱく質は、野菜や海藻などビタミン、ミネラルを豊富に含む食品と一緒に食べるようにしましょう。肉や油ものを食べ過ぎるのも良くありません。血中コレステロールが増加して動脈硬化を引き起こすリスクが増すため、頭皮への血流が悪くなり、薄毛の原因をつくります。

偏食と不規則な食事時間

食べ物に好き嫌い多く偏食がちで、食事の時間が不規則な人は、栄養不足になりやすいです。髪が細くなる、髪の色が薄くなる、ツヤがなくなる、抜け毛、薄毛などの髪のトラブルは、栄養の問題に原因があることが多いのです。カロリーゼロの食品で満腹感を得て肉や魚大豆製品などのたんぱく質を豊富に含む食品を極端に減らすダイエットがありますが、これは身体をつくる材料になるたんぱく質を摂らないわけですから、健康な髪が育つことはできません。毛包が小さくなり、ヘアサイクルは短縮されて、薄毛や抜け毛の原因になります。またミネラル、特に血液中の亜鉛の量が激減すると、体内でのたんぱく質の合成がうまくできなくなり、たんぱく質摂取が少ないのと同じことになります。最近は女性でも過度なダイエットが原因で薄毛になる人が増えてきているので注意しましょう。